秤屋会長のひと言

今川家と守随家との係わり合い


八丁味噌さんの早川家と、わが早川家とはどうもルーツは一緒らしいという推測が許されるならば、そこに守随家がからむことによって、さらにもうひとつ雄大な?歴史劇が幕をあげることになります。

守随家の開祖は、もともと、吉川姓を名乗っておりました。もちろん武田家の有力家臣として、信玄時代に歴史に登場してまいります。信玄の姉になる姫が、今川義元に、嫁ぎ、氏家を儲けます。ここで、武田家と、今川家は血縁となったわけです。信玄は京都の公家三条家より姫を迎え、信雄を誕生させます。信雄と、今川氏家は従兄弟同士ということになります。



信玄は、信雄の正室としては、政略結婚で、今川家の姫君を娶っております。しかし、後年、信玄が実力を持ち始めると、今川領が当然視野に入ってきます。今川家から正室を迎えておきながら、今川領侵略の謀議を進める、実父信玄に対して、当然ながら、信雄は正室の里である今川を味方したいわけです。その結果、信玄に対して反感を持ち、反抗する。父親としては当然面白くない。しかも自分の子ながら、できがよい。家臣の受けもよい。ライバル関係になりそう。そこで戦国時代にはよくある、親子の相克。とどのつまりは,信玄は、信雄に対して、謀反容疑で切腹を命じることになります。事実、切腹いたしました。そこで、信玄の後継者は誰でも知っている、武田勝頼となったわけです。妾腹の出である勝頼は、母親が高貴の出である信雄より優れていることを見せなければ信雄派家臣に侮られるというような屈折した思いがあったのではないか?



話がそれましたが、信雄が切腹したとき、1子をすでに儲けておりました。ただ正室ではなく、側室の子、信義であります。この子を産んだのがなんと、家臣である、守随家の姫君でございました。ここで、今川家と守随家とが武田家を通じてつながるわけであります。

長子である信雄を切腹させた信玄は、自身の直孫である幼い信義を哀れみ、生かす道として、相続権はなくし、家臣に降格させ、信義の実母の実家である守随家へ養子として行かせました。そのとき、信玄は持参金代わりに、領内のはかりを専売するはかり座の権利を持たせました。とまあ、こんないきさつで、幕末までつながるロングライフなはかり座が幕開けいたしました次第でございます。

ここでもうひとつ、エピソードを。大正期に入り、15代目の守随家の伴侶として、わが早川家から姫君(絶世の美女)がお輿入れしております。このときの縁談のいきさつが面白い。両者が守随家の菩提寺に集まり、双方の系図を広間で広げあって、比較対照したところ、なんと、昔は、今川、守随と縁があるんだとわかり、大いに盛り上がり、一挙に縁談が決まったといいます。

しかし、歴史の面白さはこれだけではありません。徳川幕府時代に守随が、東日本を統括するはかり座として登場いたしますが、これまた、歴史的なイベントとして、守随家と徳川家を結ぶエピソードⅢが始まります。次回に。




35年生まれの戦前派。早稲田大学政経学部で経済学を専攻。

略歴
60年中日新聞社入社。
67年(株)守隨本社入社。三県下に限られていた販域を全国区へ展開
74年同社常務就任:機械式はかりから電子式はかりへの転換にいち早く取り組み、成功。新製品を次々と発表。次いで85年よりプラザ合意後の円高を利用し、海外との交流を開始。海外優秀製品を日本市場へインプットし、吊り秤市場ではTOPのシェアを掌握した。
90年同社社長就任
以後、移動式計量機で産業界の物流システムに貢献した。
2016年代表取締役会長に就任
2021年代表取締役会長を退任

カテゴリー