秤屋会長のひと言

自慢話2話


1、名古屋商工会議所月報"那古野"にて弊社の近況について取り上げられました。これは、2006年10月19日~21日、ポートメッセなごやにて,"環業見本市"のプレリリースの前座として紹介されたものでありますが"はかりに秘めたエコロジー"と題するものです。もし会員の方がいらしゃればご参照ください。いずれこのブログに引用させていただきますが。



2、同じ時期に、出版社の講談社が、"老舗の底力"誰かに教えたくなる、全国123社と称する単行本を発行いたしました。この140ページに弊社の紹介記事が出ております。愛知県では、八丁味噌さんとの2社のみです。大変名誉なことと感激いたしております。かってこのブログで、早川姓では小生の一家と八丁味噌さまの姓が同じ苗字をいただく点と、先祖の出身地からしてどうも、祖先は共通ということを申し上げましたが、今回、不思議なご縁で同じ冊子で紹介されました。




35年生まれの戦前派。早稲田大学政経学部で経済学を専攻。

略歴
60年中日新聞社入社。
67年(株)守隨本社入社。三県下に限られていた販域を全国区へ展開
74年同社常務就任:機械式はかりから電子式はかりへの転換にいち早く取り組み、成功。新製品を次々と発表。次いで85年よりプラザ合意後の円高を利用し、海外との交流を開始。海外優秀製品を日本市場へインプットし、吊り秤市場ではTOPのシェアを掌握した。
90年同社社長就任
以後、移動式計量機で産業界の物流システムに貢献した。
2016年代表取締役会長に就任
2021年代表取締役会長を退任

カテゴリー