秤屋会長のひと言

番犬と狩猟犬の違い

私にとってトレーナーとしては狩猟犬の方が厳しい運動を迫ってくるので為になるのですが、柴犬とビーグルの一代雑種の故マローンの方は、やはり柴犬の遺伝子の影響もあり運動量は比較的少なかった。今度来た純粋の狩猟犬であるビーグルそのものの生態を見ていると、やはり先代は番犬としての血統の方が勝っていたなとわかりました。


つまり番犬は、人の分別をいたします。一緒に歩いていてわかります。やはり散歩中胡散臭い人間が来ると吠え立てはしませんが、低い声で警戒音を出してきます。避けようと誘導してきます。先代は女の子でしたから余計警戒心が強かったのかもしれません。それより何より、彼女のエピソードは前にもブログで書きましたように深夜の2時にお向かえの家に入ろうとした賊を発見して知らせてくれたことです。40年間何も事件のなかった町内に初めて入りかけた賊を見つけて、撃退いたしました実績を持っております。番犬として真骨頂を発揮したところです。


 ところうがです、今度来た純粋種のビーグルは、狩猟犬です。家に誰が来ようと全く警戒心などなく反応なし。散歩に出てもお仲間が来ても知らんぷり、愛想なし。とっとと歩いて引っ張ります。狩猟犬の役目は、放たれたらまっしぐら獲物を求めて野原を駆け巡り獲物を発見し主人に居場所を教え尻尾を立てて吠えるというのが仕事。散歩から帰るとなんだこの程度かと冷めた目つきで白けて?いる。あとはすることないわとひたすら休息。外で小型犬がキャンキャン騒いでも一切御構い無し。先代はそれこそ刺激されると家中走り回って怒っておりました。しかし後継のワンちゃんは一切知らぬ顔。どこ吹く風と言ったろころ。いかにも図太い。日本の風土でまた家庭で飼うような犬種ではないことを思い知らされます。知能程度はかなり高い。世界的に見て犬種中、賢さランキングでは確か7位にはいるぐらいという。また行動も直線的。ヤンチャ坊やそのものです。私の部屋へ入りたいとなると、ドアを閉めておいても体当たりで開くまで頑張ります。こちらが根負けして開けてやることになります。居たいところがあればこちらが邪魔だからどけといっても簡単には引き下がらない。おやつが欲しいとなると怪しいささやき声で迫ってきます。しかも執拗に。あれやこれで我が家ではイギリス生まれのテロリストと別名を差し上げているぐらいです。しかし私の身に起きた健康改善のお手柄はひとえにこのテロリストのおかげに関わっているとあっておろそかにはできません。と言ったわけで、我が家の一員として確固たる居場所を獲得したわけです。運動量が足りないのか朝晩だけではなく昼にも2回ほど外回りを要求します。これは家内の仕事で健康増進クラブを形成いたしております。飼って見て始めた知ったことをここにご披露しておきます。




35年生まれの戦前派。早稲田大学政経学部で経済学を専攻。

略歴
60年中日新聞社入社。
67年(株)守隨本社入社。三県下に限られていた販域を全国区へ展開
74年同社常務就任:機械式はかりから電子式はかりへの転換にいち早く取り組み、成功。新製品を次々と発表。次いで85年よりプラザ合意後の円高を利用し、海外との交流を開始。海外優秀製品を日本市場へインプットし、吊り秤市場ではTOPのシェアを掌握した。
90年同社社長就任
以後、移動式計量機で産業界の物流システムに貢献した。
2016年代表取締役会長に就任
2021年代表取締役会長を退任

カテゴリー